AGC – 学生・若者の農的活動

またまた、田舎的に元気な若者のお話です。

彼らの名前はAGC

AGCとは”agriconnecture”の略であり『つながる農業』と言う造語です。

そのAGC(Agriconnecture)は、東大・農大・筑波大・早稲田・千葉大等の学生で運営する『つながる農業』をキーワードにした農業に関心のある若者たちのネットワークです。

彼らは複数の大学を縦断的に繋げ、上手く企業を組み込んだりしながら活動をしている。

とても学生達のやっていることとは思えない。(いや、学生達だからこそできるのかもしれない)

そんな彼らの公式ページには、

若者と農、大学と農、社会と農、食と農、農的なつながりを若者たちが築きます!


と力強く書かれている。

したら、おじさん達のやること無いじゃん 笑

彼らのことを知ったのもやはりmixiでした。

私の田舎の仕事を創ろじゃないか!コミュにイベントの書き込みをしてくれたのがきっかけです。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=43680608&comment_count=0&comm_id=380530

AGC – 学生・若者の農的活動” に対して1件のコメントがあります。

  1. しんかい0.5m より:

    東北方面で活動しているのは小耳にはさんだことがあります。
    彼らが本気で社会に対してアプローチをするに当たって、農業側の受け入れが充分でなく、恐らく使い捨て発想の地域も多いと思います。
    戸別補償は諸刃の刃で、現場を無視してきた農業行政で最初からうまく行くわけが無いので、どう修正するかに掛っています。将来的に漁業まで広がる可能性もある制度なので興味深く見守っています。

コメントを残す