D51走らすべ!

ゆうべ、地域の若者(風の)と話をした。彼はアラフォーだが、地域ではまだ若手と呼ばれる。

交流・対流・移住事業のことなどを話し、地域が自分たちで立ち上がらなければならないという有意義な話しだった。

その中で、彼が提案したのは、D51走らすべ! だ。

なんじゃそれっ?

実は我々の住む地域には鉄道記念公園と鉄道記念館というのがある。かつて走っていた国鉄富内線が廃止されたとき、地域の要望で建設されたものだ。

鉄道記念館には当時使われていた道具や機関車の一部などが展示されており、鉄道記念公園にはサハリン帰りのD51が置かれている。

しかし、錆びている。鍵がかかっている。

D51は何のメンテナンスもされず錆びている。記念館は管理費削減のために鍵がかかっていて、わざわざ役場支所に頼みに行かないと中を見ることができない。

田舎に良くある『ハコモノ』の末路だ。

実にもったいない。マニアにとっては垂涎の的だろう。

このD51をきれいにしてあげたいね、という話しから

10年計画で、走らせてみないかという話しになった

もちろん、予算も無い、人手も無い。

だから、全国に働きかけてみようという考えだ。

『一緒にD51を走らせてみませんか?』って。

好きな人達に手弁当で集まって貰い、10カ年計画でリストアする。D51も治すし、線路も少しだけ敷く。

毎年交流会を開き、D51の前で飲み語らう。7年目か8年目には釜に火を入れ、汽笛に酔いしれる。

んなバカなこともやってみたいと真剣に思う。

コメントを残す