過疎法延長

総務省は来年3月末に期限切れを迎える過疎地域自立促進特別措置法を、3年間延長した後に抜本的な改正を実施する方針を明らかにしました。

財政支援策の対象を医師確保や人材育成などソフト事業にも拡大し、現行法の単純延長でなく支援措置を拡充して成立を目指すらしい。

詳細はどうなるかわからないが、ここんとこ、なんだかめまぐるしく変化していて、のんびりしていられないのである。

コメントを残す