若者来る来る

次の土日に北海道工業大学の学生さん達がやってくる。

全部で10名。

何をやるのかを抜きにしても、来るということ、それだけでもスゴイことです。田舎の町にとって20代の若者は、ある意味、絶滅危惧種です。

そんな希少価値のある若者がやってきてくれます。

彼らはこの小さな田舎町をフィールドとして我々と一緒に町のこし、町おこし、町づくりを考えてみようという同志になります。

廃校となった校舎の活用、地域の施設の活性化、自然環境の有効利用などについてディスカッションし、地域の若者(こっちは実は若くない)との交流会も行います。

さぁ、今週は準備で忙しいぞ!

若者来る来る” に対して1件のコメントがあります。

  1. しんかい0.5m より:

    いいですね。ずるずる引き込んでください。

  2. 田舎のチカラ より:

     はい! ずるずるずるずる引き込みます。

     過疎の町の多くがそうでしょうが、当町は農業の町です。
     当然ながらそこにいる若者(ある程度)も農業従事者が多く、地域資源を活かした体験事業などを最も行いたい時期は、彼らの最も忙しい時期と重なります。

     これまでも何かやりたいけれど、手が無い。という課題にぶち当たってきました。

     この若者との交流事業の先に、それを打破する何かがあると信じています。

コメントを残す