緊急シンポジウム「新政権に問う!どうする農山村政策」

中山間地域フォーラムでは、緊急シンポジウム『新政権に問う!どうする農山村政策』を郡司副大臣を迎えて開催します。

いよいよ新政権がスタートし農山村政策についても変革への期待が高まっていますが、具体的な政策はまだ明確ではありません。今年度は、過疎法が期限切れを迎え、中山間地域等直接支払制度も見直しの時期を迎えています。過疎化・高齢化に歯止めがかからず集落などが厳しい状況にある中で、新政権はどのような農山村政策を展開しようとするのか。来年度予算編成を間近に控えたこの時期、農林水産副大臣の郡司彰氏をお迎えして、「変革」の方向について各地域の皆様とともに徹底議論します。(中山間地域フォーラムHPより)

東京かぁ

でも、これってものすごく大事な話になるような気がする。今後、田舎と国はどういう関係になるのか? 国は田舎に金を出すのかって話だよな。

行ってこようかな



【テーマ】  「新政権に問う!どうする農山村政策」
【日時】   2009年11月14日(土)14時〜17時
【会場】   明治大学リバティータワー6階1063教室(JR・地下鉄「御茶ノ水」駅より3分)
【主催】   中山間地域フォーラム
【後援】   全国水源の里連絡協議会、日本森林技術協会山村再生事務局
【プログラム】
第1部    新政権への期待と問題提起

  • 今井良博氏(岐阜県白川町長)「地方自治体からの問題提起」
  • 安藤 周治氏(NPOひろしまね代表)「過疎集落の実態からの問題提起(仮題)」
  • 小林 和彦氏(きらり水源村・事務局長)「都市農村交流の現場からの問題提起(仮題)」

第2部    新政権の農山村政策

  • 農林水産副大臣 郡司彰氏

第3部    新政権の農山村政策を問う

  • 農林水産副大臣 郡司彰氏

詳細は以下のURLです。

http://www.chusankan-f.net/symposium091114.html

緊急シンポジウム「新政権に問う!どうする農山村政策」” に対して1件のコメントがあります。

  1. しんかい0.5m より:

    総務省も手を出しているし、この辺りの重複をなくして一括交付金にするのも手ではないかと思います。小林さんはお会いした事は無いですが、マイミクさんです。ともかく、地域のなあなあで配分を決めてくださいというタイプの交付金でひも付きは止めるのが筋かと思っています。

  2. ちばのふれない より:

    私近くなのでいってこようかなとおもいます
    確かに興味深い。。。

  3. 田舎のチカラ より:

     是非、行きましょう!
     私は取りあえず申し込みました。

コメントを残す