留萌千望高生が発案の『鰊そぼろ』

北海道留萌の千望高校の生徒が発案した『にしんフレーク』が販売されるそうです。

地元の子供達と地元の大手水産会社とでの取り組みですが、こういうのって、なーんかほっとしますね。

商品は『鰊そぼろ』。留萌千望高校の生徒が考案したものに地元の井原水産が改良を加えた商品らしい。

鰊そぼろは、生ニシンを焼いた後、しょうゆベースで骨が軟らかくなるまで煮込んでほぐした食品ということで、2006年に当時のビジネス科の生徒が授業で開発し、その後、後輩が味や作り方に工夫を重ねてきたらしい。

同校の情報ビジネス科ホームページを見ると、他にも色々な商品などを作っているみたいです。

http://www.senbou.hokkaido-c.ed.jp/jyoubi/framepage2.html

コメントを残す