申請書ラッシュ!

今月末まで申請書、提案書、企画書が続きます。

第1弾は8日に『北海道集落支援員モデル事業』申請の説明会で札幌、帰ってきて翌9日は地域の敬老会のお手伝い。すっかり時間をとられてしまい、翌日必着の『「新たな公」によるコミュニティ創生支援モデル事業』の申請書郵送が間に合わず、10日は再び札幌へ。

札幌へ向かう途中、役場に立ち寄り平取町が採択された『水源地域活性化調査』企画提案の打ち合わせ。

打ち合わせの最中に『北海道集落支援員モデル事業』の参加表明書の締め切りが翌11日必着であったことに気づき、当日は急遽札幌に泊まり、翌朝、平取町から届けていただいた住民票と併せて参加表明書を提出。

さらに来週の『水源地域活性化リーダー養成研修会』の発表資料の作成、『北海道集落支援員モデル事業』の企画提案書等々、全く休むヒマがないのである。

田舎はのんびりとはどこの話だ。田舎は街の5倍は忙しい。

もちろん、私はその忙しさが心地よいのである。


コメントを残す