田舎から一歩も出ないで『本』が出せる。売れる。

Kindleの自費出版とかと比べて簡単すぎる

ブログを書くノリで本が出版できる

出版したら、Kindle(Amazon)、GooglePlayBooks、Kobo(楽天)、iBooks(Apple)とかで売ることもできる

 

うぉ〜っ

 

スクリーンショット 2014-11-19 10.13.29

 

このサービスを利用すると、田舎から出ないどころか、家からも一歩も出なくても出版&営業ができてしまいます

パジャマのまんまでいいんです

 

ま、電子出版はブログみたいなもんですから、パソコンだけで書けちゃうのは当たり前といえば当たり前なんですけど

 

WOODYが優れているのは、販売まで一貫しているということ

 

もちろんだからこそ(手数料収入を見込んで)、こんなサービスができるというわけですが

 

本が売れた時に手数料として本の代金の30%を支払うこととなってます

つまり売れなきゃ金かからん

 

操作はいたって簡単

jpegを知らない主婦でも使えるように配慮されるているそうです

なので、ぜんぜん説明は必要ないのですが

APPGIGA!!というサイトに詳しく使い方が書かれていました

 

コレ、イナカゲンキにすっごい使えますよね

もちろんIJUターン者の収入源としても使えるでしょうけど

街が知らない田舎の日常だとか、移住のススメだとか

そなことをどんどん書いていって、情報発信ツールに最高じゃないですか

 

あ、ヤバイ

面白いこと思いついた