清酒特区、2019年度新設。体験型などの観光用の小規模酒蔵が造りやすく…

政府は2019年度から観光拠点における酒蔵造りの規制を緩和します(清酒特区)

これまで、製造所ごとに年間60キロリットル以上製造する必要があったものを、同特区内に60キロリットル未満の小規模製造所を設けることを解禁するというものです。

これにより、地方の酒造メーカーなどがメインの酒蔵以外に、観光施設や道の駅などに小規模な酒蔵を造ることができるようになります。

以下毎日新聞のページです。

「清酒特区」19年度新設 観光用の小さな酒蔵造りやすく インバウンドに期待も – 毎日新聞

コメントを残す