景品はいらないから参加させてくれ

北海道安平町で第4回あびらどろんこまつりが開かれました。目玉は何といっても『どろんこスライディング』(だと私は思う)深さ25センチ、幅5メートル、長さ10メートルのプールに飛び込むってやつです。

この手のは他でもやってますけど、このイベントを紹介した記事に、ちょっと興味深いことが書いてありました。

「景品はいらないから参加させてくれ」こう言う参加者が増えてきたのだそうです。

今年の参加者は25名。年々参加希望者が増え、抽選になっているらしい。

そりゃそうだ。タダで泥遊び出来るどころか、景品まで貰えちゃうとなると「ちょっと出てみるか」という気にはなる。

地域が自分たちのこのイベントの魅力にちゃんと気づけば、相当なものになるだろう。

街の人達の視点を持っているか? だ。

残念ながら、行政は気づいてないらしい。

町のホームページを探してみても一言もこの『どろんこスライディング』のことが書かれていない。

う〜ん、もったいない。

どろんこスライディングだけじゃなく、子供どろんこプール(ドジョウ、カエル入り)とか、泥オブジェ・コンテストとか、陶芸とか色んな『どろ』に関するイベントで1日盛り上がれるようにしたらどうでしょう?

って言うか、真似っこだけど我が町でやっちゃうかな?

景品はいらないから参加させてくれ” に対して1件のコメントがあります。

  1. ボロ中古 より:

    ぜひやっちゃいましょう!!
    結構似たイベントはあちこちありますね(ex新十津川町とか)。
    9月のこの時期はもう寒いので、やるなら7月か8月で。

コメントを残す