平成21年度第1回過疎問題懇談会

平成12年4月1日に『過疎地域自立促進特別措置法』が施行されましたが、本年度までの時限立法であることから総務省では平成15年度より『過疎問題懇談会』を開き、新たな過疎地対策として、その後の支援について検討しています。

この会議の中では集落支援員制度など、過疎地に有効ないくつかの具体的政策が検討され、一部は既に施行されています。

去る5月26日に本年度最初の懇談会が開かれ、その際の資料が公開されました。

主な議題としては

  • 過疎地におけるブロードバンドの状況について
  • 都市から地方への移住・交流の可能性について
  • 過疎地域の役割と意義について
  • 新たな過疎対策の方向性について

本年度第1回目である今回は具体的な施策等については話し合われなかったようですが、これまで同様、田舎にとって有益な話し合いがされたようです。

コメントを残す