学生人材バンク – サイトはイケてないけどやってることはイケてる(笑)

学生にキッカケを 地域に笑顔を

をキャッチコピーに活動してるのが『学生人材バンク』

学生にキッカケを提供することと、地域に笑顔をもたらすため、情報提供、企画運営、キャリア支援を行っています。

スクリーンショット 2014-10-21 10.00.12

学生人材バンクは、2002年に鳥取大学の学生ボランティアとしてスタート(現在はNPO)

「とりっく」というボランティア・イベント・アルバイト情報を配信する電子メール配信サービスを行い、農山漁村に学生を送り込む事業を展開

 

2004年に県から『農山村ボランティア事務局』としての委託をうけ、当初の13集落だった受け入れ地域が平成24年度には30集落にまでなっていてる。

活動は、集落が主体的に実施する地域行事や地域清掃、農地保全などなんでもアリだが、学生を送り込む前に地域と面談をして、主体性の無い活動は受けていない

 

 

彼らの強みは、会員数

現在もメール登録者が2200人(とサイトには書いてある)

 

とりっくに参加する学生は、新規登録者が年間約450名

ボランティア等に年1回は参加するという学生は約200人

鳥取大学の学生の3分の1がメールを受け取っている計算になる

 

どうやって毎年毎年学生を集められているのだろうか?

 

学生集めは、入学ガイダンス

新入生に自分たちのプロジェクトを紹介し、登録を促しているのだそうだ

 

きっかけもそうだが、ヨソワカがヨソワカに仕掛けているというタイプ

やはりココにもオッサンの影はない(笑)

 

数千人のヨソワカに情報を配信

これは我々も、なんとしても手に入れたいチカラ

 

学生人材バンクの活動、人集めにはいろいろと参考になるものが多い

しかし

ホームページはイケてない(笑)

若いクセにオッサンのつくったサイトのようだ

 

ま、そんなところが逆に手作りっぽくて安心感なのかもしれない