地域WiMAX

北海道総合通信局は15日、地域単位での事業者としては北海道ではじめて、ニューメディアと帯広シティーケーブルに対し、地域WiMAXの基地局の免許を付与したと発表した。

地域WiMAXは、市区町村単位で割り当てられる10MHz幅の周波数帯を使ったサービス。インターネット接続サービスだけでなく、訪問介護や防災などへの利用も期待されており、地方のデジタルデバイド解消になるのではないかと言われている。

KDDI等大手の設備を活用し地方独自のネットワークを構築しようとしていところも出始めた。

パッと見、田舎っぽくない話題であり、なかなかわかりづらい。

しかし、この様な、過去の田舎と違う切り口というのは、今後の町おこしには必要な気がする。


コメントを残す