地域活性化モデルケースの選定結果

今年の1月に内閣府で設置された『地域活性化の推進に関する関係閣僚会合』で、地域が直面する2つのテーマについて総合的に改革する取組みを行うモデルケースが選定されてました(2016,5/29)

 

選定数は全部で33件。

テーマ① 超高齢化・人口減少社会における持続可能な都市・地域

①-ⅰ 地方都市型       ・・・10件(2件)

①-ⅱ 農山漁村・過疎地域等型 ・・・6件(2件)

テーマ② 地域産業の成長・雇用の維持創出

②-ⅰ 地元地域資源活用型 ・・・5件(1件)

②-ⅱ 広域地域資源活用型 ・・・6件(1件)

②-ⅲ 産業集積活用型   ・・・6件(0件)

※()内は北海道から選択された数

北海道分だけ紹介します。

超高齢化・人口減少社会における持続可能な都市・地域 – 地方都市型

旭川市

北のプラチナシティー“あさひかわ”を目指して〜誰もが多様な生きがいを見つける積雪寒冷都市〜

夕張市

持続可能な地域社会の構築と地域エネルギーの有効活用による 元気創造への取組み

 

超高齢化・人口減少社会における持続可能な都市・地域 – 農山漁村・過疎地域等型

沼田町

沼田町農村型コンパクトエコタウン構想

下川町

しもかわ経済自立発展モデル 〜持続可能な農林総合産業構築による良質なくらしづくり〜

 

地域産業の成長・雇用の維持創出 – 地元地域資源活用型

北海道帯広市など

農業を核とした「食・観光・健康」の成長産業モデル

 

地域産業の成長・雇用の維持創出 – 広域地域資源活用型

JTB北海道など

地域と世界を結ぶ日本の新たな国際交流手形「パ酒ポート

 

それぞれの取り組みの詳細を知りたいけど見つからない (;´д`)トホホ…

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/platform/140529.html

スクリーンショット 2014-06-06 8.46.43

コメントを残す