地域主権室

地域主権推進担当相を兼ねる原口一博総務相は18日、地方分権改革の具体策を検討する大臣直属の組織として『地域主権室』を創設することを明らかにした。

そして、逢坂誠二氏が室長に抜擢されました。

逢坂氏がニセコ町長だった頃、上田札幌市長とお二人で対談される『ナチュラブ・北海道』という連続シンポジウムに何度か参加した。また、平取町のことについてご相談させていただいたこともある。

そんな時、逢坂氏はいつも『地方のことを中央だけで決めてしまっている現状はおかしい。私はまず中央の実情を見、そして、地方自身が地方の事を決める政治にする』と話されていた。

それから4年でその言葉は現実となった。

これから逢坂氏の進める分権改革が、ニセコ町長のときの氏の気持ちそのままであることを願っている。

逢坂氏自身が中央の人になってしまっていないことを願っている。

地域主権室” に対して1件のコメントがあります。

  1. 名犬ビート より:

    明日、逢坂氏に会えるかもしれません。

  2. 田舎のチカラ より:

     あらら。

コメントを残す