地元カンパニーってなによ – 略して「ジモカン」とか言うのかよって思ったらけっこうイケてた

地元カンパニーは「地元のモノを地元の外で売って、地元に人を連れて帰る。」を事業コンセプトとしている東京の会社

で、これがイケてる

 

スクリーンショット 2014-10-14 8.44.45

具体的な事業は…

まずひとつは

地元を贈る カタログギフト事業

地元カンパニーがつくる場合と、地域のパートナーと共同でつくる場合の2つのパターンで地元の産品を地元外に広く販売していくお手伝い。共同でつくるパターンは常に募集しているようなので、地元産品の販路拡大に興味のある地域はサイトを見てみて(http://gift.jimo.co.jp/

 

次に

地元にイケてる若者を増やす 地元準備室

47都道府県の地元仕事人リレーとして、地元や地域に根ざして活動している地元仕事人と事業について深く語るトークイベントを開催しその様子をレポートしたり、東京で会社説明会やセミナーなどを開くためのレンタルスペースのサポートなんかもあります

 

まだいろいろと試行錯誤してるんだろうなぁと感じるサイトではありますが(すみません)端々に面白いことがたっくさん書いてある。

 

個人的に興味を持ったのは、

じんちゃんが行く、「コレ売れるかな」

のコーナー

田舎産の砂鉄やら流木やらを都内で売ってみるという

意外と流木売れてる(笑)それに街の人は田舎からは想像の付かない使い方をしてる。勉強になる

他にもじんちゃんに「これ売ってみて」って依頼もできるらしい

シカ角とか頼んでみるかな(笑)

 

あと

ゆかり飲み

ってのをやってて

その地域の出身の人、縁のある人を集めて飲み会してる

こんなところかな町おこしの面白いアイディアとか出てくるんだろうなと思うわけです

 

これって、地元カンパニーさんを参考にさせて頂いて

北海道だと札幌の若者たちと札幌でできないかなと思うわけです

 

地元カンパニーのサイト見てみてください