一村一エネ事業(旧、一村一炭素おとし事業) – 北海道

北海道では、市町村と企業、団体、NPO等の地域の多様な主体が連携して行う、地域の特色を生かした省エネ・新エネ事業を通じて地域活性化を図る取組を支援しています。

交付を受ける仕組みは

省エネ・新エネを推進する取組の実施により削減が見込まれる省エネルギー量や、新エネ導入量等を記載した事業計画書に、計画量の数値の根拠となる資料を添付して提出し、 事業効果等の審査により事業計画の認定を行った上で、交付申請を受け交付対象事業及び交付金額を決定されます。

対象となるテーマは

  • 太陽光や風力、中小水力などの新エネルギー導入による地域活性化
  • 地元の産業部門の低炭素化を支える地域ぐるみのCO2排出抑制、相殺等
  • バイオマスや雪冷熱等の利用による産業活性化機会の創出や地域の社会、環境コストの削減等
  • エネルギーをテーマとした体験情報発信拠点の整備
  • 電気、ガス、石油、新エネ等、エネルギー事業者間の連携促進など

1son1ene-h26-outline

コメントを残す