ドラム缶風呂Part2

昨夜、ドラム缶風呂づくりの第2弾を行った。

なーんでドラム缶風呂なんかを作っているかというと、コチラに書いてます。

CA3C0080昨夜はフタを切り取ったドラム缶を洗い、薪を焚く部分と、水抜きのバルブを付けました。

下の写真はドラム缶を3分割しているところ。

この3分割したドラム缶を湯船となるドラム缶の下に溶接し、その部分で薪を焚こうという計画です。


CA3C0082こちらは水抜き用のバルブをつけたところ。

バルブの下の部分が薪を焚くところです。

で、ここまでで作業をやめておけば良かったのだが「焚いてみるべ」って。

やっぱりそうなりますか…べ、ひたすら50分待ちました。

加減しながらでしたので、全開で焚けば30分くらいで沸くのではないかと思います。

それから、水抜きの計測。後片付け。

帰ったら11時半でした…

コメントを残す