ダム問題(発想の転換)

今、日本中が(と言っても良いくらい)ダム問題で揺れています。

我々の住む平取町にとっても大きな問題です。

私個人としてはダムが良いとか悪いとか簡単に言うつもりはありません(そんな簡単な問題ではないでしょう)

ふっと思ったのですが…

もしも、前原国交大臣(民主党)が役者だとしたら…

それは名役者でしょう。

これまで、ダムの建設にあたって、どの地域でも反対運動があり、ダムの建設は容易には進みませんでした。それらの対策として莫大な費用が生じてきたことも事実です。

しかし、今回のようにある意味、乱暴なくらいにダム建設中止を打ち出したことで、地域はダム建設推進に大きく傾きます。

もしも、ここで、国交省が「地域がどうしてもというのなら仕方がありません。ダム建設を進めましょう」と言ったら…

多少の反対運動は地域が盾となり、工事は相当に順調に進むのではないでしょうか?

ま、大臣がそんな役者なんて事はないと思いますがね。


ダム問題(発想の転換)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 櫻井 より:

     ダムが悪いとか,成田国際空港が悪いとかの問題ではなく,借金800〜1000兆円を抱える国の姿勢を言っているのだと思います。50年前の八ッ場ダムのあり方,40年前の成田紛争を含めた国際空港のあり方が,現在どうなのかが問題で,今必要ないものであれば凍結,あるいは中止は不可欠であり,その分他に必要なものに血税を回すのが筋と思います。しかし,前原さんは根回しがヘタ。社会全体を円滑に進めるためには根回しも大事。ダムも空港もそれに携わってきた人にとっては「寝耳に水」それどころか「寝耳にジャム」くらいの気持ち悪さを感じているはず。その辺,もっとうまく進めれば…。(勉強になります)

  2. 田舎のチカラ より:

     さくちゃん。コメントありがとう。

     確かに根回しが下手に見えます。

     が

     その下手さゆえに関係している人達がこの問題に対して真剣に考え、取り組もうという姿勢が出てきているようにも見えます。

     これまでの様に根回しをしっかりと行い、陰で利権を操作し…

     というやり方よりもある意味、潔くすら見えたりもします。

     もちろん、調整というのは必要だと思いますが

  3. しんかい0.5m より:

    根回しね・・・。そんな悠長なことを言っていられる財政状況ではないのですし、ましてやたかり体質の染み付いた地方にそんなことをやっても無駄で、ショック療法でいきなり切りますという外国のような予算をやってもいいと思いますよ。今抵抗している地方が確実に苦しみます。
    若い人にしっかりと目が向けられている姿勢とは到底思えません。

コメントを残す