オフセット・クレジット

企業等が自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努力を行うとともに、削減が困難な場合について、他の場所で実現した排出削減量等を購入することにより相殺する『カーボン・オフセット』の取組の一貫として、国内のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をクレジットとして認証する「オフセット・クレジット(J-VER)制度」が平成20年11月より開始されています。

この制度を活用したカーボン・オフセットの取組を推進していくため、林野庁と環境省が連携して、地方自治体及び事業者等を対象に、J-VER制度に関する説明会が全国10カ所で開催されます。

当然ながら二酸化炭素を削減するための環境は都市部ではなく地方部に多く存在しています。

過疎地が生き残るための1つの事業として、『カーボン・オフセット』は以前より気になっていたところですが、今ひとつ、理解できないでいました。

是非、参加して田舎の可能性を探ってこようと思っています。

  • 6月1日(月曜日):東京
  • 6月3日(水曜日):名古屋
  • 6月9日(火曜日):大阪
  • 6月12日(金曜日):札幌
  • 6月15日(月曜日):仙台
  • 6月18日(木曜日):広島
  • 6月19日(金曜日):福岡
  • 6月22日(月曜日):高知
  • 6月24日(水曜日):新潟
  • 6月26日(金曜日):熊本

詳細は林野庁のホームページをご覧ください。

コメントを残す