インターンシップ

田舎と学生達の接点としてのインターンシップについて以前から気になっていた。

最初にそういうカタチの存在を知ったのは黒松内町の高木さんのところだった。

高木さんのところ(ねおす)では、インターンシップというか学生の受入を積極的に行っている。学生達が様々な勉強や体験の為にねおすに集まり、自分たちのための何かを得ると同時に、ねおすに対して労働力やアイディアを提供している。

なかには、小さい頃にねおすの体験プログラムに参加した子が大きくなって今度はボランティアとして参加することもあるらしい。

その人の循環に興味を持った。我々の地域でもやりたいと思った。

また、昨年視察に行った徳島県の上勝町では、研修に参加した我々の対応をしてくれた子がいて、実に感じの良い良い意味で賢い子だった。そして、垢抜けている。聞けば、地域の子ではないらしい。

緑のふるさと協力隊』というインターンシップの制度があって、そのときに研修に入った上勝町に戻り移住したというのだ。

もともと問題意識をしっかりと持ち、田舎の活性化に取り組みたいという若い世代が入ってくることにより地域は大きな影響を受けていた。

徳島から戻ってから、いろいろとインターンシップに関係している人たちにコンタクトをとってみた。

その中で『地域づくりインターンの会』と『SATT』という団体の方とお話しさせていただくことができた。どちらの方々もとても魅力的な活動をされている。

が、いづれも北海道ではない。北海道にはこのような団体は無いのだろうか?

コメントを残す