みんなで赤鼻

去る8月7日(ハナの日)に、全国でRed Nose Day(赤い鼻の日)が開催されました。

rndchirashiこれは、日本クリニクラウン協会が主催するもので、全国の病院、学校などで一斉に赤い鼻をつけ、ユーモアをもってアクションを展開するというものです。

※クリニクラウンとは英語のクリニック(病院)とクラウン(道化師)の造語で、臨床道化師といわれています。

約1万人が同協会から赤い鼻を購入し、その売り上げは難病の子どもらの支援などに使われるそうです。

ちなみにRED NOSE は1個300円ですから、その売上は300万円。

もちろん取り組み自体も素晴らしいものですが、ここで売上(収益)をつくり、それを事業(支援)に使っていこうという考え方が素晴らしいですね。

このタイプの『買う社会貢献』や『食べる社会貢献』などがキーワードとなってくるのかな? と先日の地域CSRセミナーで感じていました。

Red Nose Day の詳細は以下のURLです。

http://www.akaihana.jp/

コメントを残す