まごの店

テレビで紹介されたりして、以前からとても気になっていたレストランがあります。

『まごの店』

高校生が調理から接客までするレストランです。

相可高校は三重県の多気町にある県立高校です。

そこの食物調理科が週末のみ営業するまごの店は地域密着型のレストランで、全国高校生食育王選手権にで2連覇という強者です。

もともとは、五桂池ふるさと村『おばあちゃんの店(農産物直営施設)』の食材を利用した、調理実習施設という位置づけで『まごの店』と名付けられました。

地域に密着し、若者の力を十分に引き出している事業として、様々なメディアに取り上げられ、本も何冊か出ています。

『高校生レストラン、本日も満席。』

地域の若い世代と高齢者たちが手を取り合った取り組みとして、色々な面で参考になります。

詳細は私がつべこべ言うよりも、『まごの店』でググっていただけば、非常にたくさんのホームページがヒットしますので、そちらを御覧ください。

コメントを残す