ここしか知らないから

久しぶりの東京です。

電車の窓から外を眺めていると、縦に伸びたビルに並ぶ沢山の窓。

ベランダには洗濯物やプランターが見え、こんなごみごみしたところにも、生活があるんだなぁと。


ふと思った。


東京の人たちはこの環境にしか住んだことがないから。他の暮らし方があることを知らないから、だから、ここで暮らしてるんじゃないだろうか。

決して都会の暮らしが楽しい訳ではなく、ここで暮らしていかなければならないから、楽しみを見つけようとしたり、そんなものを売る店が沢山あるのかもしれない。

田舎には街の情報が沢山ある。

だから新しいものに魅せられた田舎の人たちは街に出て行く。

けれど街には田舎の情報は多くない。

だから、人の来ない田舎が山ほどあるのだろう。


つまりだ。


田舎を見せる機会を増やし、田舎の情報、田舎の暮らし方をどんどん発信して行けば、もっともっと田舎に人が来るんじゃないだろうか。

コメントを残す