こうげのシゴト – 小さな町だが、やる気はでっかい – 福岡県上毛町

昨日、福岡県上毛町の定住促進事業『みらいのしかけ』について書いてみた

その『みらいのしかけ』とセットのこちら『こうげのしごと』は雇用促進

スクリーンショット 2014-10-11 5.39.20

サイトの文章があまりに素敵だったので、そのままそっくり引用しちゃいました

 

新しい宝を探すのではなく、
今ある宝を磨いて輝かせる。

シゴトの原石は、もうすでにこうげの中にあります。
それは、豊かな自然の恵み、美しい景観、
代々受け継がれてきた郷土の味や技術など。
しかし、ダイヤの原石も 土から掘り出しただけではただの石です。
その価値を正しく見極め、
どうすればより魅力的になるかを考え、
いろんなアイデアや工夫を加え、
出来上がった物をさらに磨きをかけた方法で
多くの人に伝える。そうしてはじめて、
わざわざ買いに行きたくなる商品になります。

「こうげのシゴト」は、
基幹産業である農林業や伝統産業の再生はもちろん、
社会やライフスタイルの変化に合わせた、
求められる商品とサービスの創造に取り組んでいきます。
つまり、この町の「シゴト」の原石を見つめ直し、
そこに新しい価値と魅力を付加する
技と力を身につけ、一過性で終わらない、
継続する事業と雇用創出を目指します。

 

こうげのシゴトでは、各分野から多彩な講師陣を招聘し、起業や経営に欠かせない企画力やプロデュース力、情報発信力など、高いビジネススキルを持つ人材育成を行う事業です。

そのための、研究会プログラムが用意されていて、これが実に充実している

講師陣も実に多方面にわたっている

 

厚生労働省の職業訓練の事業を活用しているのだろうか?

運営には、上毛町ブランド創造協議会があたっているようだが…