お知恵拝借 布団ありませんか?

布団下さい! って言いまくったら集まるでしょうか?

矢祭町のもったいない図書館のように、悲鳴をあげるほどに集まったらどうしよう…

そもそも、何で私が布団を欲しいのかって言うと、今、隣の集落で閉校となった校舎の活用に関するいくつかの事業に絡まっています。

その中で、フォーラムをやったり、体験宿泊をやったりと何かと大勢が宿泊する機会があります。

ところが当地域には宿泊施設がほとんど無く、また、その校舎をゆくゆくは宿泊施設的な利用できる場所にしたいという計画から布団が入り用なんです。

町内の貸し布団は1泊で1,500円もします。20人が2泊もすれば布団代だけで、60,000にもなります。

はてさて、それでは買おうか? 継続的に使用するのだから購入するかという話も出ていたりするのですが、それだけの組数を用意すれば数十万円にもなります。

そんな話をする中で「誰かくれないべか?」という無責任な発言。

「そーだ、そーだ。どっかでは本も処理しきれないほど寄贈されたって言うべ」と無責任な追い打ち。

で、ちょっとお知恵を拝借。

実際にネットなどで呼びかけたら集まるでしょうかね?

それとも他にもっと良い方法があれば教えていただきたいなと… 無責任なお願い

お知恵拝借 布団ありませんか?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 加納 より:

    こんばんは。がんばってますねー。
    目的をしっかりと伝えれば、どどっーと集まると思いますよ。
    特に、北海道新聞の記者にお願いして記事にしてもらえれば、集まるでしょう。
    それから布団って嵩張るので、受け渡し方法をどうするか?ですね。宅急便の着払いで送ってもらうのが適当かな?

  2. 田舎のチカラ より:

     はい。がんばってます。
     こうして頑張れるのは、加納さんと出会ったからという部分も大きいです。
     なんと言っても始めてNPOに参加したのは加納さん達の声かけがあったからですから。

     さて、布団の件ですが、メディアにも当たってみようと思います。

     それと、今度、プレスリリース講習会の様なものをやりませんか?
     NPOの活動に於いて、メディアの活用、プレスリリースは結構重要なスキルかと思います。
     また、今度ゆっくりお話ししましょう。

  3. 町民M より:

    初めまして。
    我が家にも不要なお布団ありますよ。
    町内ですから運んで行けます。

  4. 田舎のチカラ より:

     町民Mさん、ありがとうございます。
     一気にまとめてどこかからか集めようとも考えたりしていたのですが、1組ずつ、みなさんのご協力をいただいて集める方向にシフトしました。

     実際に収集を始めるときにはお世話になります。
     よろしくお願いします。

コメントを残す